ビデオを見る。

歴史


ドメーヌラルジョルはプロスペールとルイ-マリー テスランによって1974年に陽の目を見ます。ドメーヌ設立当初より、軸がぶれることなく、品質、多様性、喜ばれるワインを造るということを目標にして取り組んでいます。この主要価値は今日でもドメーヌにおいて最も重要です。

このパイオニアの2兄弟は先を見据えて、いち早くカベルネソーヴィニヨン、メルロー、ソーヴィニヨンブランにフォーカスしこれらの葡萄樹を植えて行きました。コートドトングのアペレーションを授与されセパージュワイン造りとそれぞれの特徴や性質をアッサンブラージュしてワインを造るきっかけを得る事が出来ました。

Continue reading

画像を見ます
画像を見ます

人間


ラルジョルの経営者達は男女の情熱に取り囲まれている。彼らはラルジョルのワインが高く評価される為に萄畑、カーブから壜詰めに至るまで最善を尽くしています。

Continue reading

景観と地質


ドメーヌ ド ラルジョルの景観と地質は葡萄栽培家達の栽培の仕方や彼らの造り上げるワインに似て、美しい多様な寄木細工を思い起こさせる。

起伏が多く広々した景観が見渡せるようなペッシュ(丘陵)の丘の上のような場所があれば、トングに沿った親しみ易いところもある。そこにはアルジョレンスという地質に挟まれているという共通点があり、その地質は寛大さで最も良い物をもたらすことが分かっている。

Continue reading

画像を見ます
画像を見ます

葡萄畑


現実的経済に対する配慮、ドメーヌラルジョルは環境、消費者に配慮しながら最良の葡萄づくりに専念しています。

トレーサビリティと低農薬療法は職業のプロジェクトの土台となっています。

テラヴィティスは葡萄栽培家達にとって葡萄畑の景観や生命を保ちながら仕事をする事を可能にします。農業省によって認められた低農薬療法証書は処方の仕方が定めれら、消費者に対して透明性を証明する物です。

Continue reading

収穫


哲学に忠実にドメーヌアルジョルはどのようなワインを造りたいかによって、葡萄の最適な品質を探求しています。

定義された葡萄の熟成度合によって葡萄の収穫日は葡萄の区画毎によって決められていきます。葡萄の実をテイスティングし(果皮、果実、種の調和)、ラボラトリーでの分析(葡萄のアルコール度数、糖度の凝縮度)を行いそれを決定して行きます。

Continue reading

画像を見ます
画像を見ます

醸造


演奏。楽譜をマスターする

葡萄の収穫はシャルドネから順に8月末に始め、10月中旬ラ リールの葡萄まで続き、20種類近くの製品を構成する為およそ8週間の仕事となります。

ドメーヌ アルジョルでは長年に渡り皆さんに喜んで頂く為に、各葡萄区画で最も良い物を造り続けています。各製品毎に葡萄の醸造の仕方が異なり、ヴィンテージが違っても品質が一定になるようにしています。

Continue reading


テイスティングカーブ、カーブ訪問、900樽収容酒蔵と壜詰めワイン貯蔵倉庫 ドメーヌのブティックは通年を皆さまをお迎えします。(定休日:日曜、祝日) 営業時間 11月〜2月:月曜〜金曜:午前9時〜午後1時/午後1時30分〜午後6時まで-土曜:午前9時〜午後1時まで 3月〜10月:月曜〜金曜:午前9時〜午後1時/午後1時30分〜午後6時まで

Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly.Update my browser now

×