Voir l'image

景観と地質


ドメーヌ ド ラルジョルの景観と地質は葡萄栽培家達の栽培の仕方や彼らの造り上げるワインに似て、美しい多様な寄木細工を思い起こさせる。

起伏が多く広々した景観が見渡せるようなペッシュ(丘陵)の丘の上のような場所があれば、トングに沿った親しみ易いところもある。そこにはアルジョレンスという地質に挟まれているという共通点があり、その地質は寛大さで最も良い物をもたらすことが分かっている。

ドメーヌドラルジョルの丘には、プリオセーヌのがれき粘土といった重い地質で構成されている。このような地質にはカベルネソーヴィニヨンやグルナッシュが植えられている。

ペックスの丘の上の近くには泥灰土、がれき粘土質の区画や柔らかいカルシウム質の地質ががある。堆肥の恵みによってできた地質からは素晴らしいシラーが収穫されます。このシラーは複雑なキュベに繊細さを与える。

ミオセンヌの側道や起伏ある丘にドメーヌで最も多くみられるタイプの地質スーベルグカルシムと言われる地質があります。カルシウム色をした地質は、砂や泥灰土または深い砂の沖積土で構成されています。この一般的な地質は、仕事がし易く、冬の大雨の浸食を防ぐ為秋には草が生い茂ります。これらの風通しの良い側道にはソーヴィニヨン、シャルドネ、ミュスカやヴィオニエが植えられていてラルジョルの最も良い白ワインになります。

斜面の下の方は、河川に沿って景色が縁取られ、川の水などが運んできた沖積土や斜面の下の方には崩積土が占めている。このような水をほとんど含んでいないような地質にはメルローやカベルネフランを栽培するのに適しています。葡萄の木々の間に常に草を生い茂らせる事で生産力や精力をコントロールしています。メルローの選定収穫はラルジョルの集大成のキュベとなります。

葡萄畑の景色や地質は私達の日常生活をする場所となっています。“私達は自然の中においてビオの多様化や、地質を向上させ、私達の想い描くワインを造り続けていく事に強い関心を抱いています。”

例えば、この誓いはドメーヌラルジョルにおいて、草の生い茂るところに2輪の野生蘭が生えている事で表現されている。950の木々や小低木が植える事で鳥や昆虫が生息を促している。3つの仮設の池はこの植物や生物の飢えを満たしている。また、葡萄樹の間に草を生い茂らせることで、動物相や植物相の発展に貢献し、それらが地質や水質を良くしている。

ラルジョルの葡萄栽培家達はワイン造りをする事で地球のバランスに貢献する事を誇りに思い、人間の至福と共存している。

このビオの多様化は草の生い茂るところに2輪の野生蘭が生えている事で表現されている。また、950の木々や小低木が植えれているところから3つの仮設の池まで鳥や昆虫が生息を促している。

葡萄樹の樹々の管理に注意を払い、木と木の間に草を生い茂らせることで、動物相や植物相の発展に貢献し、それらが地質や水質を良くしている。

この長く、細かい仕事に興奮しています! ラルジョルの葡萄栽培家はワイン造りを通じて地球のバランスを保つ事に貢献し、人々に生きる喜びを伝えられる事を嬉しく思います。


テイスティングカーブ、カーブ訪問、900樽収容酒蔵と壜詰めワイン貯蔵倉庫 ドメーヌのブティックは通年を皆さまをお迎えします。(定休日:日曜、祝日) 営業時間 11月〜2月:月曜〜金曜:午前9時〜午後1時/午後1時30分〜午後6時まで-土曜:午前9時〜午後1時まで 3月〜10月:月曜〜金曜:午前9時〜午後1時/午後1時30分〜午後6時まで

Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly.Update my browser now

×